TAKESHI's BlogTAKESHIのブログ

TAKESHI流 英語学習

第1回学調について

浜松市北区の個別指導英語塾、「いいがみ英語塾」のTAKESHIです。夏休みが終わって普段の生活に戻りました。夏休みと冬休みはみんな当たり前に頑張ります。だからこそ、この時期からが入試に向けて本当に大切な時期だと言えます。普段の取り組みが9月に入ってからも継続できていますか?一緒に頑張っていきましょうね。

静岡県では中3生を対象に第1回学調(学力診断調査)がありました。英語がしっかり難化していましたね。

学調はリスニング、会話文読解、長文読解、条件英作文、自由英作文から構成されています。

リスニングに関してはおそらく放送文が長くなっています。テスト開始直後に取り組むリスニングの時間が長くなり、時間配分が崩れた生徒もいるかと思います。当塾の中3生は英検準2級以上のリスニング素材を日々音読しています。リスニングは正しいアプローチで音に向き合っていけばいくほど伸びていきます。一緒に頑張っている生徒のみなさんは普段から音読をコツコツ取り組んでいます。リスニングは急に伸びませんが、コツコツ取り組むと必ず伸びていくものです。ある程度余裕を持って解けていたと思います。

会話文読解はクセのない問題で構成されています。普段からの学習で十分点数が取れるはずです。こういった標準的で何も捻りのない問題ほどできる生徒たちは設問を読み飛ばしたり読み間違えたりします。慌てて解いても何も良いことはありません。設問文を正しく理解して正確に解くという当たり前のことを常にしましょう。

長文読解は単語数がかなり増えていました。ただ、どの生徒に聞いても読めなかったという声は上がりませんでした。一緒に頑張っている中3生の大半は高校レベルの単語集を使って普段から語彙力の強化に励んでいます。長い長文の中にわからない単語が全くないことは自信につながったのではないでしょうか。

条件英作文に関しては従来の和文英訳が2問、会話文の空欄を前後の内容から推測して埋める問題が2問でした。英作文に関してはまずは基本文が正しく使えるようになることが大切です。それができたら問題演習をこなして見つかった課題をひとつひとつ潰していくしか伸ばす方法がありません。英検準1級をとっている生徒でも学調や高校入試の英作文で失点することがあります。基本的な文を自分で操るために日々の努力の積み重ねを大切にしましょう。

自由英作文に関しては出題されたグラフの読み取りをした上で英語の質問に答える形式でした。自由英作文に関しては「難しいことを考えずシンプルな英語で書く」ことが大切です。基本的な文法や単語を使ってミスがなければ満点がとれます。自分の頭の中の話になりますが、日本語で考えられることより難しいことを英語で言えたり書けたりすることはまずありません。あえて易しい内容で書いてミスをしない意識を持つことです。

当塾では学調や入試対策を中心にレッスンをしていません。その3年半後にやってくる大学入試を見据えたレッスン内容になっています。出た点数で一喜一憂すると思いますが慌てないことです。みんなの語彙力は1年以上先に進んでいます。高校文法の基本も身につき始めています。遅くても高3の春までに英検準1級を取れるスピードでレッスンが進んでいます。普段の学校の宿題や入試対策に加えての私の出す宿題。かなり負荷がかかっていると思います。どれだけ忙しくても取り組み続けるみんなが大好きです。私が全力で支えていきます。

秋も変わらず頑張っていきましょう。今週のレッスンも笑顔でみんなのことを待っています!

 一覧へ戻る 

カテゴリ一覧

カテゴリ別の記事一覧をご覧いただけます。

\他の塾とは、なにが違うの?/体験レッスンで、
指導力を体感してください!

いいがみ英語塾の指導方針や英語指導力を体感いただくため、「体験レッスン」を行っています。

体験レッスンの詳細はコチラ
PAGE TOP