TAKESHI's BlogTAKESHIのブログ

TAKESHI流 英語学習

自分の強みを見つける

浜松市北区の個別指導英語塾、「いいがみ英語塾」のTAKESHIです。早朝歩いていると秋らしさを感じる時期になってきました。気がつけば10ヶ月の間毎朝歩いています。すっかり習慣としてウォーキングと音読が身につきました。私自身の嬉しい成長です。毎朝80分程度英語に触れることで英語力の保持が可能になります。私は不器用なのでそれ以上やらないと英語力を伸ばせません。日中の時間で使える時間も英語学習をしています。今日も明日もコツコツ頑張ります。

私はどうやら歩きながらでもテキストを持って音読できる器用さを持っているようです。これを利用しない手はありません。ながらだと否定されてもこれが私のやり方です。ちょっと変わっていると思われるくらいが丁度いい。最近はそう感じることが多くなりました。

生徒のみなさんも同じです。学習方法も英語の適性に関しても自分の強みを意識した方が成長速度が上がります。

今指導している生徒のみなさんも指導の仕方や声のかけ方、そして求められる講師像、全てひとりひとりに合わせています。

単語学習が得意な中学2年生の生徒がいます。毎週50単語必ず覚えて反応速度も素晴らしいものがあります。忘れないように復習も習慣化できています。認識できる単語の数が増えた生徒が自分の成長を感じられるのは高校に入った直後になります。中学レベルから高校レベルに上がった時に普段からやってきたことが自分の可能性を広げていることに気がつけます。それくらい語彙で差をつけているはずです。きっと高2の終わりには大学入試で戦う準備が整っていますよ。

文法理解が得意な小5の生徒は一度理解できたことをアウトプットに繋げる速度が他の生徒よりも早いです。次回の英検で4級に合格したらライティングとスピーキングの練習をレッスンに組み込んでいくつもりです。英文法のルールが知っているものから運用できるものに変わります。ここからさらに英語に自信をつけてもらいます。

早い段階で強みを中心に伸ばすレッスンをしていくことの真価は生徒が教えてくれます。9月以降のテストでも中学1年の生徒が学年1位になりました。小学生の頃は勉強にそこまで前向きではなかったことを考えると、中学からのポジティブな変化をとても嬉しく思います。自分の位置がわかったことでここからは全国を相手に戦っていく意識が生まれています。勉強の丁寧さや継続性を高く評価しています。その強みをそのまま持ち続けてくださいね。

8月から入った中2生も夏休みの課題テストで前回のテストから英語の順位が60位上がっています。テスト結果がわかってから生徒本人に完全にスイッチが入りました。今週の定期テストに向けて真剣に勉強していましたね。自分の夢を持っているからこそ本気で英語を頑張れるんですよね。部活が忙しい中よくやっています。

ひとりひとり性格も適性も、毎週英語に取り組める量も違います。たくさん失敗してきた私だからこそ、それぞれに合わせたレッスンが出来るんだと思っています。生徒の可能性が広がるオンリーワンのレッスンをここからもみんなに届けていきますね。一緒に頑張っているみなさんのことが大好きです。

 一覧へ戻る 

カテゴリ一覧

カテゴリ別の記事一覧をご覧いただけます。

\他の塾とは、なにが違うの?/体験レッスンで、
指導力を体感してください!

いいがみ英語塾の指導方針や英語指導力を体感いただくため、「体験レッスン」を行っています。

体験レッスンの詳細はコチラ
PAGE TOP